シバタの時間。



<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


19 Again.

剥き出しの太ももを濡らしながら川下へ流れていく看護士を
川原から全裸のお父さんと眺める、 と言う大会に参加してきました。

b0165164_22184870.jpg

なんでも、今年で33回目でギネス登録も目指しているそうです。


すごいですね。


画像左端のお父さんの前足の太さがギネス級。 

せっかくなので、一緒に流されてみました。
50艇/1組で区切って、なんと1000艇ものゴムボートが参戦!
先々週もペアを組んで頂いた肉食男子と一緒にSTART--、、
先々に見える濡れた看護士に何度もラインを惑わされ、結果19位。 +.゚(*´∀`)゚+.゚

先々週も19位だったな・・

んー     もうちょいイケた気がするけど
看護士に惑わされてナンボの大会なんで、 いがべ。 (//∇//)

でも楽しめたー (*´∇`)ノ
ありがとー藤ぽん、 機会あったら中国産の手ぬぐいでも買ったるよー 
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-26 22:40 | ★ ゆるりの時間

「TSUNE氏作、評価用WAXをサンプる。」 の巻  【研磨編】

1晩おいて、やれ剥がせー   (ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)

b0165164_022884.jpg

3種類を1滑走面上に分布して塗った後、フツーにスクレイプ。
トップ部のTSUNE氏自作から、センターのTOKOシステム3は
剥がす時の硬さに違いが感じられず、”同じ” と言ってイイかなー
テールのガリウムGREENはさすがに硬いね。  (´□` )

初回版に頂いたWAXは、
 【塗るときベロベロに軟らかくて、剥がす時硬い】 といった印象でしたが
今回頂いたVer.は、初回版ほどのコントラストは感じませんでした。
CH6剥がす程の硬度までいってたかな? ただし、今の気温もあるのかな、、
ちょっと時間が経っているので参考にならないレポです・・

初回版は、「艶がちょっとない感じかな?」 と報告いれておりましたが
これはメーカー製と比べて見劣りするようなポイントが全くなく、非常に良いです!


*****************************************************

余談ですが、TOKOのシステム3を購入した時に、
「CH6と同じ温度帯で、こんなに軟らかく塗れるんだけど、大丈夫??」

と思った事もあったのですが、実際にごく身近な仲間が個人で
こう言った類のWAXを作製できた事を考えると、「あり」なんだな、とフツーに
思えてしまいますね。   +.゚(*´∀`)゚+.゚

ガリウムのGREENも、温度帯が【-10/-20】だったのが、【-6/-20】にモデルチェンジ
しているところを見ると、品質や滑走性を維持したまま広い雪温に対応させる事も
可能なんだなー と感じました。

しかしながら、我々几帳面でリッチな日本人、、且つマニアックな部類の人間になると
『これ1本で、全部OK!』 と言う、リンスinシャンプー的な所謂 ”オールラウンド”っぽい
モノって軽視しがちなところがあるように思う。

多少の塗り難さや、高温アイロンのリスクがあったとしてもピンポイントに強さを
魅せる狭い温度帯のWAXの方が、「やっぱ専門の方が滑んじゃね?」的な発想に
向かう傾向が強いように思います。

これは、「狭い方が優れている、と感じる」 という固定観念からくるモノ、
大手メーカーがそうだから、という影響がそう向かわせるのでしょかね?
今はメーカー製も温度帯が広くなってきてるから、今後変わっていくのかも
しれませんね。 (*´Å`)ノ

ただし、、
広範囲温度帯のWAXは作ろうと思えば、作れたかもしれない大手メーカーで
あってもSWIXなどは、REDとBLUEの間にVIOLET(CH7)を設定しているなど、
より細かく、”狭い” Line-upも見られる。

「その温度」 では、どちらに優位性があるのか?
機会があれば、逐一雪上で試してみたいねー
ただ、、 分からんだろなー おいら、、   ・゚・(ノ∀`;)・゚・  1本ごと滑り違うし。。

★細かく刻んだLine-upから選ぶ優位性、リスク、
★広さをチョイスする優位性、リスク、

乗り手側がよく考えて、良いと思った方をその大会、その時々でチョイスしていくのが
ベストなのかな? とも思いました。 
どちらが良い、悪い、ではないのですね、メーカーですら多様なのだから。

*****************************************************


それと、もう1種類.. Medeim+F 【5/-10】 と言うフッ素高含有WAXも
頂いておりましたー
b0165164_0401858.jpg

5? +5℃?? すごい広いな、、これも。
フッ素入りWAXって例えば、SWIXのLFだと同じ温度のCHに比べると色的にも
ウォータージェルINって感じの透明感?、やや薄まった感じの色で、塗っても
そのまんまの印象で溶けていく、「あー、、フッ素入ってんなー」ってのを感じるのですが
TSUNE氏作製版は、もとの色がホワイトなので ”それ” が、そんなに
強く感じないかなー? 
b0165164_041693.jpg

高フッ素入りVer.の塗布後。

おいらが、SWIXのLFなどを塗ると、塗った時に小さな気泡が出来たり
塗りながら 「フッ素入り」 を感じる事があるのですが。
この点は、いい/悪い ではなく、あくまで感想レベルであります。

1番の問題は、金なくてシーズン中あまりフッ素入りWAXを塗る事がない・・
ので、、 感想も参考にならない  ってとこか。。  
これも実際滑ってみたいとこっすね。  (*´∇`)ノ

初回版より、さらにメーカー製WAX並の完成度を誇るレベルで作製してきた
とこを考えると、費用も時間もバカにならないと思います、、
ここまで仕上げてこれたなら、ホントにタイムに結びつく素晴らしいWAXの
完成を応援したいですね!!   +。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

(完成したら、また下さい。。)
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-24 01:07 | ★ ski の時間

「TSUNE氏作、評価用WAXをサンプる。」 の巻  【塗り編】

スキー仲間のTSUNEさんから、自作WAXサンプルを受け取りましたー。


モニターとして無料で頂いているので、素人ながらレポのお返しを (*´∇`)ノ

これが今回頂いたバージョンです、初版の時も頂いているのですが
おいらに違いが感じ取れるのか? 早速塗ってみることに
b0165164_22283172.jpg


で、これ単体だけ塗っても、もしかしたらおいらじゃ違い感じ取れなくて
モニターにならんかな? と思い、大手メーカー製とも比較して見る事に。
b0165164_22302584.jpg

★左:ガリウム [GREEN 適用温度帯 -10 ~ -20] 
          ★中央:TOKO [SYSTEM3 適用温度帯 -4 ~ -10] 
                    ★右:TSUNE氏自作 [適用温度帯 0 ~ -15]

  ※: ガリウムの最新Line-upですと、GREENの適用温度帯が -6 ~ -20 となって
     おりますが、おいらの手元にあった奴は、変更前の -10 ~ -20 でした。

  ※: SWIXのCH6 [-6 ~ -12] を長らく愛用していましたが
     TOKOのシステム3は温度帯がCH6と近い上、色もREDで大変塗りやすく
     昨シーズンからCH6と併用で使ってました。


1本の滑走面上に、3種類分けて塗ってみて ”塗り感” やスクレープの違いなどを
試してみたいと思いまーす。 (ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)
3つ並べるとイタリアンなカラーリングでいいっすねー、A・トンバ思い出しましたーー

b0165164_22491182.jpg
b0165164_22492935.jpg

b0165164_22493825.jpg

左:テール側、ガリウム  中央:プレート付近、TOKO  トップ側、TSUNE氏作

各WAXが混ざらない様、ワクシングペーパーもとっかえひっかえ、、
TSUNEさん自作WAXは融点が63℃と伺っていましたが、
他メーカーの硬度違いWAXとの比較も兼ねましたので、アイロン温度はちょっと高め
ですがGREENを考慮し、110℃で。  GREEN.. って考えれば低いぐらいかな。

んで、塗った絵。

b0165164_2395739.jpg

b0165164_2343470.jpg

b0165164_2344750.jpg


塗っていて最も軟らかく、解けやすく感じたのはTOKOのシステム3。
次いでTSUNEさん自作、 で、段違いに硬いガリウムGREENといったところ。
今回は試さなかったのですが、SWIXのCH6よりは軟らく塗れた感がありますが
TOKOはやっぱ塗りやすい、、、 (*´Å`)ノ
TSUNEさん自作とは、それほど大差ない程度ではありましたがアイロンの温度安定が
どの程度のモノか? 微妙なんで参考にしないでくださーい

ただし、TSUNEさん自作WAXの使用温度帯が0~-15なので、それを考慮すると
かなり塗りやすい。
1発目に頂いた試作版を塗らせて頂いた時は、独特の匂いがしたのですが
今回ver.は特に感じませんでした。  これも気のせいの可能性大ですので
参考にしないでくださーい

絵を見ると、トップ、センターのTSUNE氏作、TOKOは同じ具合にキレイに
溶けてますがガリウムGREENはこの時期にしてもやっぱ硬い! って言う絵っすね。
それでも110℃で何度かワクシングしていると溶け出してくれるので、
やはり滑走面を作るには、夏場の外気温が適しているのは言うまでもないですね。

真冬に比べると、ワクシング後の滑走面が常温に戻るまでの時間も長い長い、
その分ストラクチャーが開いている時間.. と考えればなおさらだなぁー。
んじゃぁ、クソ暑い夏場に板つくるか? となると、そこまでの気力も働かないし・・
この時季にしてWAXを自作して、かつテスティングを重ねるTSUNE氏の情熱たるや。

恐るべし。  (ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)   


スクレイプのモニターレポは明日を予定してます。
とりあえず、”塗り感” はこんな感じで、、 だいーぶ素人レポですが。
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-22 23:40 | ★ ski の時間

息子は元気です。

b0165164_0563712.jpg


「ディス・イズ・サイコーにチョードいい、ホンダぁー」

と言っているこの外人、なにげにジョン・レノンの息子。
ジョンには腹違いの2人の息子がおって、こっちはオノ・ヨーコとの
間に生まれたショーン・レノン。

顔も声もくりそつ、、  (ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)
調べて確認したのだけど、調べる前にもう分かっちゃってたなー
一応親父のファンなんで。

ちなにみ、前妻との間に生まれた最初の子、ジュリアン・レノンも
ミュージシャン。

ビートルズの名曲 「ヘイ・ジュード」 は、離婚してしまった父親に対して
がっかりして落ち込んでいた当時5歳のジュリアンを励ます為に
ポールが書いた曲。

ファンゆえの、これ見よがしなトリビア、、
どーでもいいお話ですね。
                  ・゚・(ノ∀`;)・゚・
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-20 01:16 | ★ music な時間

ぐでぐで温泉

3連休突入も、予報通りの雨。

バイクでぷらっと.. とも行かず、仲間と日帰り温泉へー
近場で夏油まで。

いつも行っている方ではなく、夏油川の橋を渡った対岸にある
夏油温泉観光ホテルの方へ。

雨の午前中、って事もあったのか、
メインではないこっちが不人気なのか、
客が自分達だけしかいなく、完全貸切状態。

b0165164_082373.jpg

手前が調度良い温度の、「新太郎の湯」
奥が熱めの、「蛇の湯」。
温度変えてるだけかと思いきや、源泉が違うそーです。

b0165164_095611.jpg

露天にも行って見ましたが、屋根がないので
雨粒が気になって早めに退散・・ ・゚・(ノ∀`;)・゚・

雨に濡れて冷えちゃったので、また内湯に戻って入り直し・・で
結局2時間ぐらいはうだうだしてもーた。

風呂入り過ぎて、帰ってきてから昼寝のつもりが1日終了ーー
たまにはいいか、ぐでぐでも。

                    +.゚(*´∀`)゚+.゚
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-18 23:52 | ★ ゆるりの時間

nothing man

b0165164_22341844.jpg


部署を移動して2週間ほど経つのですが、
新しい仕事が全く覚えられない。 (´□` ) 

分からない事は、どんどん質問して解決するのが
当然なんだけど、 知識なさ過ぎて着いて行かれん。

中国人からフランス料理の作り方教わってる感じ。

「その肉はどのぐらいに切って炒めれば良いのですか?」
とか、教わっている内容を具体的に知りたい前に
先生の言っている言葉、単語の1つ1つが全く分からん。  っつー状態。

                             (ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)

喰らいついてでも覚えよう! という気力を根こそぎもがれる。
笑うに笑えない。

久しぶりに会社辞めたくなった。

とは言え、近頃じゃ年に1回ぐらいのペースで
ちょくちょくいなくなってしまいたい病になるのだが  ・゚・(ノ∀`;)・゚・

関越トンネル並に、 光が見えん。
試練だなー おれよ。 

                        
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-16 22:53 | ★ ゆるりの時間

bitter & sweet

b0165164_2365638.jpg

会ったばかりのその人と
その日僕は、肌を重ねた。

波の様に押し寄せる幾度もの衝動、
激しく軋むマットの上で何度も体勢を変え 
声にならない声を発しながら
僕とその人は 同時に果てた。

それが汗なのか何なのかなど、もうどうでもいいぐらい
激しく濡れ合った僕らの体には
もう立って歩く力すら残っていなかった。

「疲れたでしょ」 
といたずらに僕を見るその人に
一瞬強がって見せようとしたが、 額から流れ落ちる
汗の粒を隠す事など出来ず、肩で息をしながら
「もうだめだよ」 と小さく返すのが限界だった。

名を聞く事もないままに、僕らはその場所で別れを告げた。

やがて訪れる暑い夏の日を前に過ぎ去った、
その長い一瞬を 僕は忘れる事が出来るだろうか


     ・
     ・
     ・
     ・


えーと、
ゴムボートの川下り大会で欠員が出たから代打で出場してくれって
頼まれて行ったら、いきなり初対面の方とペア組まされちゃって、、 
あー男の方ね、 友達の友達とか。
ボートの上で2人でぜーぜー言いながらもなんとかゴールして
ヘロヘロんなった日曜の出来事。

そんな逐一語らんでも上の説明で充分伝わってるとは思いますが。

    んげー疲れたー 


                     +.゚(*´∀`)゚+.゚
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-12 23:22 | ★ ゆるりの時間

世界遺産

b0165164_222242.jpg




”声” がステキな人って もうそれだけで魅力的。

楽器を練習して上手くなることもあるだろう、
歌を練習して上手くなることもあるだろう、
けど、”声” だけは持って生まれたモノなので。

そんなステキな声を持った羨ましい奴が、
詩や曲を書ける才能まで持っているなんてー  ( ̄□ ̄;)


「この声、世界遺産」 

と言うキャッチフレーズで発売されたシングル、、
この、さえない顔に興味ある方だけクリックしてみてね

おいらはノックアウトでした   ・゚・(ノ∀`;)・゚・


雨の夜に合うなーー
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-09 22:48 | ★ music な時間

ぷちドラッガー

のどが急に痛くなった。

のど飴を買って舐め舐めしていたが、いいのはその時だけで
痛みが治まらない。 熱はないし、のど以外は至って変わりない
ので病院に行くほどでもない。

カワチでのどに塗るスプレーと¥500もするのど飴を
買ってみた。

それよか以前には、鼻水が全くとまらなくなった日があって。
1度出ると2時間ぐらい出っ放し出っ放し出っ放し、
短時間でクリネックス1/3ぐらいなくなってしまう。

これは敵わん、と鼻に注すスプレーを買っておいた。

蒸し暑くなってきた最近、柔肌のおいらにはキビシイ虫さされの季節。
かゆくてかゆくて仕事にならん日の為に、かゆみ止めの薬も。


会社で、いつ不快感に襲われてもいいよう
デイパックの中が薬満載の最近である。
b0165164_22393971.jpg

冬になるとこれにリップクリームとハンドクリーム[薬用]が加わる。

まだマイケルには会いたくないのだが。
遺書か、、  満杯の¥500貯金はダイアナ・ロスに権利を譲ろう。

               1度に塗っても死なねーと思う  (*´∇`)ノ
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-08 22:54 | ★ ゆるりの時間

大日本人ですから

来季ATOMICのブーツ、2足ほど足ぶっこみ。

b0165164_22245394.jpg
b0165164_2225535.jpg

「2足とも、93mmって言う同じラストなんですよ」 
とアトミック・ブースのかわい子ちゃんが言う。
かわい子ちゃんが言うのだから、そうに違いないのだ。 (*´∇`)ノ

履いてみる。

デモ系のSFR130
すごく気持ちよく足が納まる、ほとんど言うことない、すごく良く出来た
ブーツだなぁーってのが伝わってきましたー、、、  が、
レーステックのRT STIは、なーぜだかしっくりこない。

「なんか、レース用の方が狭くて当たるんですけど、同じラストなんですよね?」

「はい、同じブーツのFLEX違いです♪」

かわい子ちゃんが言うのだから、そうに違いないのだ。 (*´∇`)ノ

カタログくれたので家でよく見てみると、SFR130の方だけ
ジャパン・フィットでヒンジの位置なども変えてある。
ヒンジの位置が違う、 という事は膨らみ方も絶対変わっているだろーから
数値は同じ93mmでも足入れ感に差が出るはずだし、それこそ
ジャパンフィットの狙いなのだろー。  

説明足りんがな、かわい子ちゃんよー

んーー、、 SFR130の方が断然良かったなぁー
RT STI にも採用したらいいのに。  (´□` )


SFR130は、「これ履いてスキーしてみたーい」 と思ったナイスブーツ・第2位でした。

1位が、REXXAMのDATA130R。
履いて立ち上がった瞬間、 「あ!」 って小さく声に出してしまった。 ビビきた。
なんか合うんだよ、おいらとレグザム。
日本人なんで、ジャパン製とジャパンフィットが合うのかしら?
ちなみにアトミックの150より断然固かったけど。

汗だくのフェア会場なのに、履くときチョット開きづらかったし。
昔、固いブーツ全然ダメだったんだけど、今固いの履くと
もっ凄い萌える。
[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-07-06 22:53 | ★ ski の時間


本日1人目の訪問者です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30