シバタの時間。



カテゴリ:★ monolog( 6 )


I'm going

blog、引っ越しました。 
[PR]
by abbeyroad-studios | 2011-04-08 22:49 | ★ monolog

夜明けの記憶

b0165164_23235293.jpg

ガソリン給油で早朝から並んだりプレイ。

数日前と今回合わせ合計¥5,000分入った事になるのだけど
単価がエライ事なってて、これでも満タンまで届かない。

一昔前は満タンするのに¥4,000かからなかったのになぁ。

まだ外が暗い時間帯から列に並んでエンジンを切り
本読んだり携帯いじったりして動き出すのを待つ訳なんですが..

朝方、真っ暗だった空が青くなっていく時間をクルマの中で過ごしていると、
苫小牧のフェリー埠頭だとか、週末に意味もなく友達と海まで走らせて
帰ってきた日の朝だとか、こんな災害時だと言うのに若い頃の記憶や
旅に出たときの匂いを思い出したりします。

なんかベイブリッジ行きたくなった。
こんな時だと言うのに
[PR]
by abbeyroad-studios | 2011-03-27 23:37 | ★ monolog

ゲトウとデンキとガソリンと。

b0165164_2211654.jpg

b0165164_2213977.jpg

国道沿いのGSは、3kmはあろうかと言うひどい渋滞。
よこかわめまで足を伸ばしてみたが、目の前で本日売り切れ。
次に行ったお店では、「整理券のない方には売れません」 と。

燃料を得るために燃料を消費し、結局燃料得ること出来ず。

今、日本で1番やってはいけない事をやってしまった。
東北地方に関して言えば、殺人よりも放火よりもやってはいけない。
最悪である。

信号が青に変わって踏み込んだ時の2000回転OVERに異常なまでの
もったいなさを感じるようになってきています。

コレを機に自動車業界の電気化、拍車がかかるような予感すらします、
電気さえ来てしまえばLEAFやi-MiEVの1人勝ちですからね。

スキーヤーを皮肉るような寒波襲来ですが、今は日本列島がレジャーどころのお話ではない。
本音を言えば滑りたいのは、やまやま、マウンテンマウンテン、なのですが
スキーをし続けたいのでスキーやスキーヤーの未来の為に、今は我慢。


行き来の道中、車の雪降ろしをしている、よういちを見かけました。
雪がお似合いですね。  また来シーズンお目にかかりましょう。
[PR]
by abbeyroad-studios | 2011-03-17 22:34 | ★ monolog

街が止まった。

震災は沿岸のものだけではなくなってきています。

灯油が、ガソリンが、いまあるものが尽きたら終わり  という状態。
スーパーからはパンや牛乳、カップラーメンなどライフラインが断たれても
簡単に食べられるものが順に消えていき、並ばされ、追い出され、欲しいもの
に中々ありつけないまでに。

もちろん贅沢は言えない、内陸なんて2次災害レベルだから。

とは言え、ガソリンが入手出来ないのが本当に痛手です。
街が静まりかえっています。 燃料を消費してしまう事の意味をみんな
分かっているから、じっとしているしかないのです。

話は変わりますが、うちの会社の安否確認メッセージなんだけど、
あの気味の悪い"声"、なんとかならんのか。

携帯をスピーカーにして聴いていたら、4歳になる甥に
「ねー それやめてぇー  やめてぇ・・」 とマジでお願いされました。
安否、とか言いながら、言ってるお前が死人声ってなんなんだよ。  そりゃ泣くわ。

普通に暮らしていたほんの数日前が懐かしい。
早くあの日に帰れるよう、みんなみんながんばって欲しい!
[PR]
by abbeyroad-studios | 2011-03-16 00:20 | ★ monolog

明暗

被害の激しい仙台市若林区に住んでいた従姉妹が無事でいるという
連絡がやっと入った!
旦那さん、2人の子供、全員無事だったようです。 

震災3日目での朗報に、うちら家族の間からやっと重苦しいものが
取り払われました。 本当に良かったー・・。
故郷が宮古の親友の家族も無事だと知りこちらも本当に良かった。

ほっとする知らせが相次ぎ自分の知人周辺は一安心となりました。

それと同時に、逆の結末となり悲しみに暮れる方々が東北沿岸、
日本各地に何千何万いるのだろうか。

テレビの映像見て呆然とする傍ら、自分はコタツに入り風呂に入り
暖かい部屋でネットも出来ている。 あまりに違いすぎる身の置かれ方に
自分が偽善者にでもなってはいないか、とすら思えてしまう。

同じ岩手で起きた事なのに、津波の心配がない内陸に住む自分はテレビで
その様子を黙って見る事しか術がない。


今は1人でも多くの方が喜びの対面となる事を願うばかり。
幸せ過ぎる自分が、なんだか申し訳なくなってくる..
[PR]
by abbeyroad-studios | 2011-03-14 23:16 | ★ monolog

2:46事件

b0165164_0253560.jpg

昨晩ようやく電気が復旧し、今夜にはネットも出来るまでに。
環境が通常の生活に戻りつつあります。

帰国翌日、3月11日の2:46に起こったその瞬間、自分は高速道路を運転していました。

「パンクか?、こんな時に」    違う。   周りの電信柱の揺れが尋常ではない。
とてもじゃないが車を真っ直ぐに走らせられない、
ハザードを点滅させ全ての車が路肩に寄って停止。
「これは普通の地震じゃない」 と路上にいてもすぐに判断できたし、その大きさと
揺れの長さに、止まれ、終わってくれ、と本当に恐怖を感じました。


バイクで何度も走り、見慣れているあのキレイな45号線の通りが
原子爆弾でも落とされた様な姿になっている映像を前に、言葉がない。

大変な時に帰ってきたねぇ と言われたりもしたが、とんでもない。
日本に居られて良かった。 この状況を海外で知っていながら、連絡も取れず
帰国も出来ないでいたぐらいなら、暗くても寒くても日本にいた方が全然マシ。

こんな状況の中でありながら、ウエダさんは板を準備して店開けて待っててくれたし
タキタさんの店ではバイク・カスタムの進捗具合も見ることが出来た。

家族、兄弟、甥っ子、姪っ子、みんな元気で問題なし。

楽しみにしていた2ヶ月ぶりのスキーは果たせなかったけど
この状況の中、実家の布団で寝れる自分が幸せだと感じています。
[PR]
by abbeyroad-studios | 2011-03-14 01:00 | ★ monolog


本日1人目の訪問者です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30