シバタの時間。



街が止まった。

震災は沿岸のものだけではなくなってきています。

灯油が、ガソリンが、いまあるものが尽きたら終わり  という状態。
スーパーからはパンや牛乳、カップラーメンなどライフラインが断たれても
簡単に食べられるものが順に消えていき、並ばされ、追い出され、欲しいもの
に中々ありつけないまでに。

もちろん贅沢は言えない、内陸なんて2次災害レベルだから。

とは言え、ガソリンが入手出来ないのが本当に痛手です。
街が静まりかえっています。 燃料を消費してしまう事の意味をみんな
分かっているから、じっとしているしかないのです。

話は変わりますが、うちの会社の安否確認メッセージなんだけど、
あの気味の悪い"声"、なんとかならんのか。

携帯をスピーカーにして聴いていたら、4歳になる甥に
「ねー それやめてぇー  やめてぇ・・」 とマジでお願いされました。
安否、とか言いながら、言ってるお前が死人声ってなんなんだよ。  そりゃ泣くわ。

普通に暮らしていたほんの数日前が懐かしい。
早くあの日に帰れるよう、みんなみんながんばって欲しい!
[PR]
by abbeyroad-studios | 2011-03-16 00:20 | ★ monolog
<< ゲトウとデンキとガソリンと。 明暗 >>


本日1人目の訪問者です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31