シバタの時間。



「裏切り者」 はいつの時代も身内から

こう書いてしまえばなんて小さい事か、と思うのだが
これが全くもって小さな話では済まされないのだ。

なにが、と言うと
工具を盗まれるのが本当に腹が立つ。

たかが数百円のドライバーとかニッパーなのだが
1番使うものから順に姿を消して逝く。
相手が客の野郎とか、他社の野郎とかなら大声で怒鳴りたいところ
だが、この相手と言うのが同じ会社の現地支社の人間だから
面倒なのだ。   勝手に持っていって、却ってこない。

自分の工具箱から1ヵ月間、何1つ盗まれずに
作業を進める事は、この国において難易度AAA+に相当する。
まず達成できない。


日本のように譲りあいの精神や、譲ってもらうありがたさが
生活の中に普通にありふれている生活に慣れていたりして
この国に放り込まれると、例え様のないストレスが毛穴から
吹き出しそうになる。

車の運転1つとってもそうだが、 奪い合いの国なのだ。

このストレスを何にどうぶつけて良いものか、
普段の倍ぐらいタイピング音を立てながら自分のBlogに
吐き出すぐらいしか思いつかん。

殴り書き とはよく言ったもんだ。
[PR]
by abbeyroad-studios | 2010-08-19 01:44 | ★ ゆるりの時間
<< ひさしぶりーの。 疲れてる >>


本日1人目の訪問者です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31