シバタの時間。



I LOVE CAMERA

b0165164_21502314.jpg


b0165164_21505268.jpg



写真を撮るのが大好きです。
最近は RICOH の GX200 を愛用しています。

RICOH を選んだのはフィルム時代からの憧れだったGR Lens を使いたかったから。
GR Digital でなくあえて GX200 にした理由は StepUp-Zoom の採用が決め手でした。 
28mm は好きな画角なんだけど難しい画角でもあると思うのです。
広角ならではのパースの活用に振り回され過ぎて、ドぎつい写真が多くなるのです。
最も好きな35mmとかでもフツーに撮りたかったので、あえて GX200 。

zoom lenz は単なる便利レンズなのではなく、" 画角の集合体 " として捉えたいので
StepUpで選べるのはとってもナイスなポイントの1つなのです。

それと、スクウェアで撮れること。
これも長年の憧れだったし。 このフォーマットで撮るとなるとハッセルかローライ買うしか
ないんだろなと思っとったので、これが1番惹かれたね。

それから、モノクロTE。
印画紙でも選ぶかのように、暖色/令色のチョイスができること。
シャープネスやコントラストの調整まで含めると、自分好みのフィルムを作れそーな
気にさせてくれます。

温度、空気、匂い、記憶..
自分が撮りたいのは目には見えないものばかりなので
光の柔らかさ、線の柔らかさを理想通りに表現してくれる
RICOH の思想やこだわりには、もう文句の付けようがない。

なにがこだわってるって、最低感度の数値が50ではなく "64" であるところ。
「分かる人だけニヤッとして下さい」.. っていう計らいですね。 
カメラ全体を構成しているすべての要素が、フィルム時代からの人間を捨てていない
という点になにより惹かれるのです。

地味だけど、相当できるやつですよ。

おいらも周りからそんな風に呼ばれてみたいぜ、おRICOHさんよ (*´▽`)*´▽`)*´▽`)ノ


   P.S. これにハマって以来、最近ライカをまったく
      触れないでいるのがもっぱらの悩みごと...

[PR]
by abbeyroad-studios | 2009-09-07 23:12 | ★ photoな時間
<< リアル・ビートルズ、遂に。 1人夏フェス的な過ごし方 >>


本日1人目の訪問者です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31